読み放題TOP 俺様・S彼

俺様・S彼

」のタイトル一覧 8件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • 夢のむこうで、君を抱きしめる

    18巻完結!

    夢のむこうで、君を抱きしめる  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    早坂ゆず、女子大生。この夏から父の友人である霧島さん宅の居候になります。気が重い…。あれは3年前、初めてお宅にお邪魔した時、次男の昌幸さんに一目惚れした私は勢い余ってバレンタインデーに彼の大学に突撃!大胆にも校門で待ち伏せしてチョコを渡し告白!…結果「失せろ」という言葉を浴びせかけられ玉砕…。そんな過去があるのに…同居だなんて…。ところが再会した昌幸さんは驚くほど優しくて、このままじゃまた好きになりそう!その上、突然キスしてきたり…一体どういうつもり!?あまりの事にされるがままになってしまった私は、その時の昌幸さんがとても冷たい目をしていた事に、全く気が付いていませんでした――…。
  • セフレ倶楽部~普通のセックスじゃ愛を感じられない僕ら~

    10巻まで公開中!

    セフレ倶楽部~普通のセックスじゃ愛を感じられない僕ら~ 

    加賀悠宇、大学生、童貞。女を知り童貞を卒業して人生を変える為、今日ここ(風俗街)に来た。が、しかし。ビビって入れない…。その様子を向かいのビルの窓から見ている人影が…。その手に持つスマホには謎のグループ『sfr9▽』の表示…。そして…。別の場所、朝の通勤電車。中山トモコ、OL、処女ではない。彼女もまた、誰にも言えない悩みを抱えていた。学生の頃のように、チカンされたい、触られたい…。この一見なんの接点もない二人の男女を、謎のイケメン集団『sfr9▽』のメンバー達が引き合わせる。その男達は女の敵か味方か、加賀悠宇は童貞を捨てることができるのか、中山トモコは願望を果たすことができるのか?
  • 葡萄とさくらんぼ~熟成32年、初めてでもいいですか?~

    8巻まで公開中!

    葡萄とさくらんぼ~熟成32年、初めてでもいいですか?~ 

    作家:奥めぐ美

    雑誌・レーベル:ラブ・ペイン・コミックス

    ジャンル:女性マンガ / ラブストーリー / ラブコメ / 俺様・S彼

    (3.6/5.0)投稿数22件
    私、佐倉さくら子32歳。ワインショップで働きながらソムリエ資格の勉強中です。私の日課は高齢処女・童貞コミュニティサイトのコメントを読む事です。何故かと言うと、言うまでもありませんが、『処女』だからです。今までそういう機会がなかった訳ではありませんが、最後の最後でビビってしまい心も股も開けずじまいで32歳になりました。だけどいつかこの人にならって思える相手に、きっと出会えると信じてます…。そんな私の前に突如現れたワインインポーターの櫻庭光琉さん。超イケメン!で…出会えた?…と、思ったのも束の間、性格ワルッ!いくらイケメンでもこ、これは…。だけど何故だか、この人の事が心に刺さって抜けないのです!!
  • クズ男共のバラードを聴いてくれ

    4巻完結!

    クズ男共のバラードを聴いてくれ 

    作家:葉月つや子

    ジャンル:女性マンガ / お色気 / メガネ / 俺様・S彼

    (4.2/5.0)投稿数32件
    長所:ルックスと美声。特技:エロゼリフ。三流ライターのタカシ(弟)。長所:ルックス、美声、頭脳明晰。特技:言葉なぶり。一流商社管理職のカズシ(兄)。クズ男のDNAを保有する兄弟と、無意識に男をひきつけてしまう真正リーマン、アキト(クズ指数低め)が繰り広げる、めくるめく愛欲の日々。時に純に、もっぱら不純に、男女問わずオトしまくる、美しすぎるゲス男たちの饗宴!
  • ロマンスに姫は不在~小悪魔育成中~

    12巻まで公開中!

    ロマンスに姫は不在~小悪魔育成中~ 

    栄居陽菜子26歳、OL。私の日常はとても平凡。毎日普通にお仕事して、普通に同僚の残業を代わって…。会社ではモサ子って呼ばれています。モサイからです。そう、私は喪女(交際経験も告白された事もなく純潔である女性の事)なのです。ブスの自覚はあるので慎ましく生きていたつもりでした。でもうっかり優しくしてくれた同僚男性にお弁当なんて作ってしまったばっかりに…ブスだからってここまで悲しい目に合うとは…。我慢できず会社の廊下で泣いてしまった私に、通りすがりのイケメンが「努力しなきゃブスがブスのままなのは当然だろーが」ひ、酷い…。でもその言葉とイケメンによって、私の人生は思いがけない方向に舵を切ったのです…!
  • 華散るが如く

    12巻完結!

    華散るが如く 

    江戸・吉原。「おっ、見ねぇ、花魁道中だ」道行く人々が足を止める。“蛇”が言う。「お鶴、いいかよく見ておけ。これが吉原百万両の大傾城、蒼桐花魁だ」それが私と、生涯を賭して戦う事になる蒼桐花魁との初めての出会いだった。私は没落した武士の娘だった。父は農業を始めたが上手く行かず、もう質種も尽きて明日の食い扶持にも困っていた。まだ幼い弟妹の為に私にできる事は、自らの意志で人買いに買われる事だった。人買い“蛇”に、私は生娘のまま、男を悦ばす手管を教え込まれていく。「見ただろうあの蒼桐の見事な花魁道中。お前は今日からあれを目指せ。吉原一と謳われる蒼桐を超えてみせろ、お鶴」私が、あの人を超える花魁に…!?
  • 目黒のさんま(コミックノベル)

    2巻完結!

    目黒のさんま(コミックノベル) 

    「目黒の里まで遠乗りじゃー!!」自由気ままなお殿様、仕える側は大変なものでございます……。破天荒で気分屋の殿様と天然おバカな小姓・壱弥に振り回され、仕舞いには秋刀魚に命が握られる!? 「恋しい……、秋刀魚に逢いたいのぅ……」殿のワガママっぷりに泣く、苦労性老中・三太夫の小さな反抗ぶりにもご注目!? 落語家・鈴々舎馬るこによる一席、どうぞお楽しみください。
  • たいこばら(コミックノベル)

    2巻完結!

    たいこばら(コミックノベル) 

    大店・伊勢屋の若旦那は、道楽三昧の日々を経て、とうとう暇を持て余していた。「何か面白いことはないかねぇ……」あっ!と思いついたのが、鍼医になって人を救おう!修業もせず、贔屓にしている幇間持ち(たいこもち)・一八を呼び出し、「俺に鍼、打たしてくれねえか」クズで気まぐれニートな若旦那に、お調子者の幇間持ちが振り回される!? 落語家・鈴々舎馬るこによるドタバタ滑稽噺の一席、どうぞお楽しみください。
読み放題フルを登録