読み放題TOP 作家一覧 山松ゆうきち

山松ゆうきち

」のタイトル一覧 12件
並び替え
  • インドへ馬鹿がやって来た

    4巻完結!

    インドへ馬鹿がやって来た 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:青年マンガ

    投稿数0件
    山松ゆうきち、五十六才、職業・漫画家。仕事が減り大好きなギャンブルにも思うように行けなくなった彼は、ある日、インドには漫画がないと聞いて一念発起!「無いものは売れるに決まっている。インドへ行って漫画本を出すぞおー」と単身インドへ!! 目標はインドで漫画本を作って大儲けすること…だが、言葉が全く分からず、空港からホテルに行くまでも一苦労。ホテルのボーイとやりあい、物乞いの少女に心悩ませ、オートリクシャの運転手に翻弄され…インドで漫画を出して大儲けするプロジェクトははたして成功するのか!? そもそも実現できるのか!? 作者が体当たりで挑んだ波乱万丈・唯一無二のインド体験エッセイ漫画!
  • ヴァラナシの牙

    3巻完結!

    ヴァラナシの牙 

    作家:山松ゆうきち / 沢本英二郎

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:歴史 / 青年マンガ / 動物・ペット

    (2.0/5.0)投稿数1件
    広大な草原が広がるインド――まだ人間が原始的な集落で生活を送っている頃、その草原の主は、ライオンやトラなどの肉食動物ではなく、巨大なゾウたちだった。そのなかでも、山のように大きくて強い一匹の黒い巨ゾウを人間たちは「ヴァラナシ」と呼んで恐れていた。草原の秩序を重んじ、すべての動物たちの命の源である草原を焼く火事の元になる「火」を嫌い、また自分たちがその日食べる以上に動物を殺し果実などを穫る人間たちを「強欲な愚か者」と考えるヴァラナシは、山の民「ストロー(黄色い人)」の集落をたびたび襲っていた。石の武器しかもたないストローたちの攻撃はヴァラナシには通用せず、集落を蹂躙され、家や冬用の食糧を失うことに…。さらに海の民「ドラッタ(黒い人)」たちが草原に進出してくると、コブラの毒を塗った鉄製の武器を使うドラッタに太刀打ちできずストローたちは滅ぼされていく。草原を支配したいドラッタは「草原の暴君」として君臨するヴァラナシを排除すべく周到な罠を仕掛けて…。太古のインドの大地を舞台に人間とゾウたちの戦いが描かれる!この作品は海外販売用に作成された漫画の為、一部読みづらい箇所がございますがご了承ください。
  • 天元坊

    2巻完結!

    天元坊 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:歴史 / 青年マンガ / 江戸時代(武士・時代劇)

    投稿数0件
    江戸末期の鳥取藩・因幡郡円柱寺村。間引きされかけた男の子・忌吉は、とろい上に盗み食いをして脚を折られた。役立たずと馬鹿にされるが、将棋を覚えて1文を賭けて勝負し、飢え死にを免れていた。だが願光和尚に負け、教えを請っていた。やがて父が死んで一家離散した忌吉は、寺に引き取られて碁も覚えた。鬼封じの天元打ちを教えた願光は、城に呼ばれての争棋で体力をすり減らし、忌吉に九登寺に行けと言い残して死ぬ。残された忌吉は願光の言葉に従うのだが……。数奇な運命に弄ばれた天才棋士の物語「奇手鬼封じ」以下「賭け棋士誕生」「苦悩する忌吉」を収録。
  • 自炊男爵飄々記

    1巻完結!

    自炊男爵飄々記 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:歴史 / 青年マンガ / 幕末・明治維新

    投稿数0件
    時は幕末、毛利の長門守貞広は攘夷の風吹き荒れる中、これからは西洋のこと知らねばならぬと決心。井上聞多、野村矢吉、山尾要蔵、遠藤謹介の四人をイギリスに向かわせる。伊藤俊輔(後の伊藤博文)を加えて、毛利の江戸留守居番・村田蔵六に5千両を貰った5人は、ガールの手引きで英国貨物船キロセッキ号に潜り込み、横浜から出港した。「英国密航」 声も節も悪い(?)浪曲師、瓢右衛門の苦闘半生を描いたトゥルー・ストーリィ。「もらわれさん」「べたづけ」「夜逃げ」「浮浪児当瓢」「旅芸人」「ハワイへ行く」「満州行」「浪曲死すとも瓢右衛門死なず」を収録。
  • ああ!!あとがない

    1巻完結!

    ああ!!あとがない 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:ギャグ・コメディー / 青年マンガ / サブカル・個性派

    投稿数0件
    ボクは綺麗にお化粧しています。政治が悪いので、人を殺してみました。でも警察は、ボクが殺ったと認めてくれません。お父様は好きです。でもボクは子供なので自由が欲しいです。強盗の叔父さんと心中してみました。やっぱりボクだけ生き残ってしまいました。ボクは白血病です。あとがないのに…。
  • 外人パチンカー

    1巻完結!

    外人パチンカー 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:ギャンブル / 青年マンガ / パチンコ・パチスロ

    投稿数0件
    パチプロの山本岩五郎。白人でナイスバディのベティに、パチンコの手ほどきをしたのが縁で同棲することになった。
    不細工でチンコも小さいのに、なぜ?…と、みんなもビックリ。ところが元恋人(?)のマイケルにバッタリ会って、ベティが連れて行かれてしまった。きっと戻ってくると、岩五郎はマイケルに対抗するために身体を鍛えて…。
  • 人間必勝法

    1巻完結!

    人間必勝法 

    作家:山松ゆうきち / 能登廉

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:青年マンガ / ヒューマンドラマ / サブカル・個性派

    投稿数0件
    異常に強い男・荒井順造。母親に貧乏させたくないと銀行強盗に入り、13人も殺して死刑判決を受けた。
    が、刑務所でも牢名主たちをひねり殺し、大量に押し寄せる刑務官たちも一蹴してしまう。神父の説教に一度は心を入れ替えるが、やっぱり死刑にされそうになって逆ギレ、神父も殺して大暴れした。すったもんだの末、あまりの強さを持てあました刑務所側は、荒井の刑期が終わったことにして釈放する。荒井は無事に母の元に帰った。正義だから強いのではない、勝ったから正しいのだ。
    「異常に強い男」他に「トランプ麻雀」「超人
  • 私、ビョーキの味方です

    1巻完結!

    私、ビョーキの味方です 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:ギャグ・コメディー / 青年マンガ / ヒューマンドラマ

    (3.5/5.0)投稿数2件
    大野上村にある晩田の池には、家よりも大きい魚がいるという伝説がある。おときばあは目が悪く、村はずれの小さな小屋にネコと住んでいた。
    ボクは3年生の時、おときばあの手紙を読んでやり、返事を書いた。5年生の時におときばあが死んだ。晩田の主に池に引っ張り込まれたんじゃないかと…。中学になって牧田と一緒に晩田の池の主を釣ろうとして、何度も失敗。最後には錨とロープを使って釣った。化け物みたいな魚だった。ボクはおときばあが釣れたと、叫んでいた。
    「オババが釣れた」
    「四コマ笑劇場」
  • めたくた馬鹿

    1巻完結!

    めたくた馬鹿 

    作家:山松ゆうきち

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:ギャグ・コメディー / 青年マンガ

    (2.0/5.0)投稿数2件
    年取って客の付かなくなったトルコ嬢の染ちゃん。競馬で当ててトルコの経営者になるのが夢だが、いつも負けてばかり。
    自殺しようとするが、いつも相手の男だけが死んでしまった。最後に男と互いに1億の保険金を掛けてガス心中する。
    やはり自分だけ生き延びたが、ホッと一服、タバコに火を着けたのが運の尽き…。
    「心中屋染ちゃん」
    「OH!マイ・パパ屋」
    「知識人のヒミツ」
    「オカマンタインの青春」
    「真説 港のエルザ」
    「愛のセールスマン」
    「山松ゆうきちの愛と夢」
    を収録。
  • にっぽん自転車王

    1巻完結!

    にっぽん自転車王 

    大阪・堺に坂田三吉と言う、大変速い自転車乗りがいた。
    大酒飲みで仕事もせずに自転車大会に出て優勝するのが生きがい。
    しかし大阪城一周の自転車大会で、ゴール寸前に関根に抜かれた。極貧の生活を強いられた家族の訴えで、
    一度は自転車を棄てるが、競輪が始まって関根がトップ選手になったことを知る。
    東西対抗戦にスカウトされた坂田は、仕事に使っている実用車で出場するが三位に終わった。
    果たして日本選手権では?競輪を通して見る、哀しくも可笑しい人生模様。
  • 中年死刑囚

    1巻完結!

    中年死刑囚 

    作家:山松ゆうきち

    ジャンル:ギャグ・コメディー / 青年マンガ / ヒューマンドラマ

    (3.4/5.0)投稿数5件
    敵の親分を千人の手下と共に殺した、笹川一義。
    刑務所暮らしを嫌って切腹しようとしたが、痛くて血が出たので中止。
    死刑判決を受けてまたまためげる。脱獄も出来ず、太って死刑を免れた話を聞いて、思いっきり喰いまくってデブになるが…。
  • いいかげん馬鹿

    1巻完結!

    いいかげん馬鹿 

    作家:山松ゆうきち

    ジャンル:ギャグ・コメディー / 青年マンガ

    投稿数0件
    二軍投手のコーヘイ。やっと先発に抜擢されたとき、知らせてきたコーチに風呂場で突き飛ばされ、ガラスに突っ込んで肩の筋を切ってしまった。
    また頑張って、今度は打者で一軍に昇格が決まったとき、またコーチにどやされた弾みにクルマに轢かれ、手を潰してしまう。
    それでも脚を活かして代走として試合に出るが、手が無いためにベースに届かず、アウト!

    誰も悪気はないのに、切なすぎます…。