読み放題TOP 産業

産業

」のタイトル一覧 4件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • 堀江貴文の誰がなんと言おうと、僕が認めた旨い店

    1巻まで公開中!

    堀江貴文の誰がなんと言おうと、僕が認めた旨い店 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    信頼できる人からの、本当に美味しいお店の情報だけを集めたい! そんな思いから堀江氏が立ち上げたスマホアプリ「TERIYAKI」。本書では、そこで堀江氏や選ばれしテリヤキストがアップした、極上のレストランを紹介します。
    特に巻頭では、1年に1度の「TERIYAKI'sベストレストラン」決定会議に密着。浜田岳文、柏原光太郎、ビアなど著名フーディのテリヤキスト諸氏たちが、とっておきのレア情報と推薦店を堀江氏に披露する座談会は必読です! そしてGOLDに選ばれた店とは?
  • 堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?

    1巻まで公開中!

    堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か? 

    気鋭の鮨職人たちは努力家であると共に、恐るべき戦略家だった―。2015年の「鮨屋に修業は不要」発言で、大きなハレーションを起こした堀江氏が、注目の鮨職人8人と対談。果たして鮨職人たちの答えは? 今までのグルメ本ではまったく明らかにならなかった、鮨屋の秘密が続々と明かされていきます。著者自身が「どの対談も本当に面白かった! 」と繰り返し語るほどで、鮨好きや鮨職人になりたい人が必読なのはもちろん、なにひとつ関係ない人でも楽しめること確実です。


    登場鮨店&鮨職人
    くろ崎(渋谷)
    黒崎一希氏

    照寿司(北九州)
    渡邉貴義氏

    鮨 一幸(札幌)
    工藤順也氏

    はっこく(銀座)
    佐藤博之氏

    鮨りんだ(目黒)
    河野勇太氏

    鮓職人 秦野よしき(麻布十番)
    秦野芳樹氏

    鮨 あらい(銀座)
    新井祐一氏

    鮨 青木(銀座)
    青木利勝氏
  • ライブ・エンタテインメント白書 レポート編 2018

    1巻まで公開中!

    ライブ・エンタテインメント白書 レポート編 2018 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    20世紀が“モノの時代”であったのに対し、21世紀は“コトの時代”といわれています。
    デジタルネットワーク社会において、人々の生活を豊かにするためのライブ・エンタテインメントの社会的役割は一層高まり、一つの産業としても徐々に注目が集まっています。

    本書では、業界団体・企業によって構成される「ライブ・エンタテインメント調査委員会」からの委託を受けて、ぴあ総研が全国年間約12万件にのぼる音楽・ステージ公演の開催情報を徹底調査し、推計した基本3指標(公演回数、動員数、市場規模)を掲載。
    日本で唯一のライブ・エンタテインメント市場全体を捉える統計調査として信頼をいただいています。

    今年の巻頭特別企画テーマは「ライブ・エンタテインメントと時間」。
    ナイトタイムエコノミーの活性化を推進する第一人者らによる、ナイトタイムが新たなビジネスチャンスとして注目を集めている背景や、今後の利活用の指針について語った鼎談記事は必読です。

    ―目次―
    ● <特別企画>
    「ライブ・エンタテインメントと時間」
    【鼎談】 “24 hour Japan”―エンタテインメントの24時間化の可能性
    【CONTRIBUTION】 いまだに「ダンス禁止」でいいのか
    【REPORT】 ライブ・エンタテインメントと時間に関する論点整理

    ● <DATA> 2017年のライブ・エンタテインメント市場:音楽、ステージ
    ● <考察> ライブ・エンタテインメント市場のトレンド
    ● <コラム>
    新たな顧客創造に向けて―シニア層・インバウンド需要喚起
    海外における日本のライブ・エンタテインメントに関するSNSの話題量

    ● <問題提起> ライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

    ● <数表> ライブ・エンタテインメント市場の時系列推移データ:ジャンル別、エリア別公演回数・動員数・市場規模(2012年~2017年)

    ● <付表> 性別×世代別 お気に入り登録アーティストランキング
  • グルメ多動力

    1巻まで公開中!

    グルメ多動力 

    全てのグルメ、飲食店経営者は必読の一冊です。現在のレストランシーンを取り巻く環境から、どうやって人気店を作り、利益を出していくのかまでの具体的提言が並んでいます。

    インスタ映えの方法、断面イノベーション、予約ループといった重要キーワードから、無人コンビニの拡大と居酒屋の淘汰、これから流行するコト・モノ、究極の飲食店業態まで、知っておきたい事柄が満載です。

    さらに、グルメ界に「登山」という言葉を生んだ「肉山」グループを率いる光山英明氏や、日本中から美食家が訪れる富山「鮨人」木村泉美との特別対談も収録。巻末にはこの1年で堀江氏が訪れたお店リストも付いています。

    はたして、これからの飲食店に最も必要なのは何なのか。

    その答えがここにあります。


    <コンテンツ>

    はじめに

    第1章 「ドタキャン」「食べログ」「人材確保」問題の現在

    第2章 Instagram全盛期、SNSの波に乗るのは常識に

    第3章 2017~18年、飲食を取り巻くモノ、ヒト、コト

    第4章 無人コンビニのイートインで飲むのがスタンダートになる

    第5章 最も大事なのはコミュニケーション能力である

    第6章 今ある店を進化させる、進化した店を出す

    第7章 最近行って「なるほど」と思ったお店

    特別対談(1) 堀江貴文×光山英明

    特別対談(2) 堀江貴文×「鮨人」木村泉美

    特別座談会「予約の取れない料理店」の予約を手に入れるとっておきの方法

    おわりに

    特別付録 堀江貴文がこの1年で注目した130軒リスト
読み放題ライトを登録