読み放題TOP 作家一覧 藤間みお

藤間みお

」のタイトル一覧 4件
並び替え
  • 後輩クンは、癒し上手で激しくて

    1巻まで公開中!

    後輩クンは、癒し上手で激しくて  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    男だらけの営業部でバリバリ働く私、降矢真希(ふるやまき)。成績はすこぶる順調。でも「かわいげがない」「その辺の男より男らしい」なんて女子扱いされず、リア充カーストは最底辺。そんな私を癒してくれるのが、後輩の高梨望(たかなしのぞむ)くんなんです。「先輩に気持ちよく仕事してほしいですから」なんていつも優しくサポートしてくれて、神すぎる…! じつはこっそり片思い中なんだけど、女として見られてないし告白なんて無理ゲーだよね(涙)。もはや諦めの境地に達していた私に、突然 意味ありげに触ってきたと思ったら「先輩が好きだから傍で支えたいんです」――!? それって恋愛の意味でスキってこと? 人としてスキってこと? テンパる私に、高梨くんは…。【桃色日記】
  • たった1回のエッチで私…~彼氏の事を考えるだけで濡れてくるカラダ~

    3巻まで公開中!

    たった1回のエッチで私…~彼氏の事を考えるだけで濡れてくるカラダ~ 

    作家:藤間みお

    雑誌・レーベル:快感倶楽部

    ジャンル:TLコミック / S彼(TL) / 上司(TL) / 調教(TL) / オフィス(TL) / 社内恋愛(TL)

    (3.4/5.0)投稿数14件
    「ごめん。我慢できない」全てが初めての私を、彼の堅いモノが一気に貫いて──笹森みのり。23歳。人生で初めての彼氏が出来ました。会社の親睦会で開発部の涼宮景(すずみやけい)と出会ったみのり。イケメンで仕事が出来て優しくて、そんな完璧な景から告白され晴れて付き合う事に。そして迎えた初めての夜。絶倫の気がある景に求められ、みのりは何度も何度もイカされた。スゴかった…激しい初体験を思い出しながらお風呂に入っていると、偶然触れた乳首に甘い声が出てしまった!今までこんな事なかったのに!それからと言うもの、景に抱きしめられるだけで体が疼いてしまい─…!?髪を弄る指先も、私を見つめる視線も、腰に滑る掌も、全てが私を濡らしていく。私のカラダどうなっちゃったの!?「気持ちよくしてあげる」ダメ、そんな触り方しないで…!
  • オオカミたちは飢えている。~私しか知らないオスの顔~

    3巻まで公開中!

    オオカミたちは飢えている。~私しか知らないオスの顔~ 

    作家:藤間みお

    雑誌・レーベル:快感倶楽部

    ジャンル:TLコミック / 俺様(TL) / S彼(TL) / 王子様(TL) / 調教(TL) / 学校(TL) / 先輩(TL) / 服従(TL) / 学生(TL)

    (3.0/5.0)投稿数5件
    「特別に奉仕してやるよ」そう言って先輩は中庭で強引に私のアソコを舐めて──…大学進学のため田舎から上京してきた篠原沙希(しのはらさき)。その大学には、王子様スマイルで人気の樫木友斗(かしきゆうと)率いる四人のイケメングループが存在している。ある日、友斗の秘密を知ってしまった沙希だが、困っている友斗を放っておけず秘密を守るという約束をする。すると秘密を守ってもらう代わりにと何故かキスをされた!!それだけでなく、外にも関わらずアソコを曝され舐められ…ダメ…こんなのイっちゃう…!!友斗に監視される日々を送る中、友斗以外のグループメンバーにまで迫られるようになって…!?王子様の野獣な秘密を知ってしまったばかりに、四人の個性的な狼に囲まれることになった沙希。この大学ライフ、一体どうなる!?
  • ベランダでHしてるのバレちゃう…!堅物上司の夜の顔

    4巻まで公開中!

    ベランダでHしてるのバレちゃう…!堅物上司の夜の顔 

    作家:藤間みお

    雑誌・レーベル:純愛wasabi

    ジャンル:TLコミック

    (3.4/5.0)投稿数15件
    商社の経理部に勤めている堅物係長と二年目のうぶな社員、涼葉。係長は厳しいだけではなくて、きちんと褒めてくれる。部下である涼葉は密かに憧れていた。密かに?私生活では同じマンション、しかもお隣さん!!という壁一枚挟んだだけの密接関係。今日は飲み会の席でもお隣さん!!緊張で酔っ払ってしまった涼葉を同じマンションだからと係長は抱っこして連れて帰ってくれる。酔いを冷まそうとベランダに出してくれた。一生懸命働いて恩を返したかったのに……いつも助けられてばかり。自己嫌悪に陥りながらも係長の厚い胸と甘い香りにほだされて、頑張るから「もう少しだけ……」面倒を見て欲しい旨を希求する。言った矢先に失言だったと前言撤回、だが涼葉の身を寄せるような言葉に係長の男心にスイッチが入る!! ベランダで係長に後ろから強く抱きしめられてそのまま……「いやあん……声出したらご近所さんに気づかれちゃう……「洗濯物を取り込みに……人が! でも……どうしよう」。涼葉は思う。わたし、すごく興奮しているかもしれない。
読み放題フルを登録