読み放題TOP エッセイ・随筆

エッセイ・随筆

」のタイトル一覧 14件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • 鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~ 【電子書籍加筆版】

    1巻まで公開中!

    鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~ 【電子書籍加筆版】 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    「鬼弁」が新章を追加し電子書籍化!
    孤高のパンクロッカーが、長男のために作り続けた弁当エピソードを書籍化したお弁当エッセイ「鬼弁」。TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)がSNSのプライベートアカウントにて公開していたお弁当を公開し、4度の重版を記録するヒットとなった本書。書籍で描かれたエピソードのその後、中学生編を加えた電子書籍版です。進化した鬼弁、成長した長男、学食の魅力との戦い(?)など、気になる鬼弁のその後を含む32Pを追加!

    ※本電子書籍は、2019年5月22日発売の「鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~」に、新章を追加したものです。

    ____________

    「池波正太郎さん以来となる新『男の作法』ですね。男の人は全員読んでほしい」
    渡辺俊美(『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』著者)

    “鬼”と呼ばれるバンドマンが息子に作った自由すぎる弁当たち。
    ツッコミどころ満載。ちょっと感動。6年間の“鬼弁”エピソードを収録。

    結成20年を超えるロックバンドBRAHMANのボーカルとしてカリスマ的人気を誇り、ストイックな性格とガタイの良い風貌から、いつしか“鬼”の愛称で親しまれているTOSHI-LOW。彼が書籍を発売、なんと息子のために作り続けたお弁当を一挙公開する。
    TOSHI-LOWと言えば硬派なパブリック・イメージが定着しているが、女優・りょうの夫としても知られる彼には、優しい子煩悩な父親という一面も。それを象徴しているのが、妻が多忙な時に長男のために作りはじめたという弁当、通称“鬼弁”だ。彼が息子に作るお弁当は、“鬼”という愛称とはかけ離れた創意工夫を凝らした献立ばかり。色彩豊かな弁当から、つけ麺、ガーリックライス、恵方巻き、そうめんなど、自由な発想から生まれるツッコミどころ満載な弁当は、眺めているだけでも楽しい。
    “鬼弁”は、TOSHI-LOW がSNSのプライベートアカウントにて公開していたもので、実はフォローする友人・知人たちの間では密かな話題となっていた。内容、写真が公表されている場はないため、本書籍が初めての全容公開となる。そして書籍化に際し、フォローする各界の仲間たちが、SNS同様に各弁当にコメントを寄せてくれている。
    「ひじきが虫みたいで恐い」と、数口しか食べずに持ち帰ってきた日からはじまった、“子どもが食べたくなる弁当を作る”ことに工夫をこらす日々。ライブの日も、レコーディングの日も、打ち上げが朝方まで及ぶ日も。ひとりのパンクスが弁当というキャンパスで自由に遊び続けた、ツッコミどころ満載、でも、ちょっと感動できるエピソードの数々を、仲間たちの絶妙なツッコミコメントとともに紹介する。
  • 子供の一生を幸せにする24の食育術

    1巻まで公開中!

    子供の一生を幸せにする24の食育術 

    本書はアグネス・チャンさんが初めて記した、子育て「食育術」の一冊です。
    3人の息子さんがスタンフォード大学に入学したことでも知られていますが、その子供たちの明晰な頭脳と健康な体を、食を通してどう育んだのか?
    そのすべてが24の章でつづられています。
    どんな時に何を食べるといいのか、何が悪いのかといったことはもちろん、食べ物を介して親子のコミュニケーションの方法、大切さも語られています。
    さらに、巻末にはいつもの食材で簡単に作れる、アグネス家のレシピを効能別に掲載。
    著者本人も「子育て中のママはもちろん、パパにもぜひ読んでほしい。満足できる一冊に仕上がりました」と語っています。
    近年、さまざまな角度から食の安全性、大切さに注目が集まっています。
    そんな現代だからこそ知ってほしい知識を、アグネスさんならではのユーモアと温かさで包んだ本書。ぜひ手に取ってご覧ください。


    <目次>
    はじめに
    食の教育は活きる教育

    Chapter1
    子供が生まれる前から子供のためにできる食べ方

    Chapter2
    産後の体をいたわる食べ物

    Chapter3
    母乳はお母さんが作り出す最強な食事

    Chapter4
    離乳食は一生影響します

    Chapter5
    無意識の時期

    Chapter6
    8歳からの脳の選別で14歳でオンリーワン

    Chapter7
    食べさせる前に我が子の体質を知る

    Chapter8
    何を食べさせればいいのか?

    Chapter9
    何を控えればいいのか?

    Chapter10
    食事の変化で脳を刺激する

    Chapter11
    弁当は愛情のコミュニケーション

    Chapter12
    夕食を1日の最高な時間に

    Chapter13
    独食は絶対にさせない

    Chapter14
    料理は学習力を高められる

    Chapter15
    食べ物でお祝い

    Chapter16
    好き嫌いがあっても慌てない

    Chapter17
    食が細い原因を探ろう

    Chapter18
    我が子は太り過ぎ?

    Chapter19
    風邪対策

    Chapter20
    眠れぬ夜

    Chapter21
    脳に良い食べ物

    Chapter22
    家事の中で料理の優先順位は高い

    Chapter23
    家ご飯に友達を呼ぶ

    Chapter24
    コンビニをうまく使う

    おしまいに


    - Agnes Recipe -
    サツマイモの糖水
    人参水
    蒸し魚
    お粥:レバーと肉団子
    豆乳、卵と銀杏の糖水
    卵とトマトのスープ
    お茶の卵
    オランジェット~チョコとオレンジの皮のお菓子
    キャベツと豚肉の餃子
    レタス、ブロッコリー、ほうれん草の炒め物
    炊き込みご飯青梗菜と豚肉
    レンコンと豚肉、干し椎茸のスープ
    りんごと豚肉のスープ
    梨と豚肉のスープ
    冬瓜、干しエビ、豚肉、椎茸のスープ
    生姜と鶏肉の炒め物
    手羽先と栗の煮物
    苦瓜と豚肉の炒め
  • 人生で大切なことはすべて英語が教えてくれた Thank you, English(英語よ、ありがとう)

    1巻まで公開中!

    人生で大切なことはすべて英語が教えてくれた Thank you, English(英語よ、ありがとう) 

    作家:石川英夫

    雑誌・レーベル:SMART BOOK

    ジャンル:小説・実用書 / エッセイ・随筆 / 実用 / 小説 / ビジネス・政治 / 文芸 / ビジネス・経済

    投稿数0件
    「英語の知識は富の源泉」!

    有名企業の通訳としてニューヨークへ渡った著者の赤裸々な一代記。
    著者の人生を変えた英語習得体験記も大公開!

    人見知りが改善した
    視野が広がった…etc
  • 読む元気サプリ(GalaxyBooks)

    1巻完結!

    読む元気サプリ(GalaxyBooks) 

    今後は「女性の力」がキー! 娘・妻・嫁・母など様々な立場でがんばる貴女を応援します。人生必要な事だけが起こりそれを乗り越えた時バージョンアップした新しい貴女が生まれます。あるがままの自分と他者を認め尊重する。人間って素晴らしい! でも疲れた時勇気がほしい時にはこの「元気サプリ」を取り入れてください。

    著者プロフィール
    お観音こと正道幹子。大阪府出身、豊中市在住。ピアノ一筋のお嬢様として育つが結婚後は波乱万丈の人生が始まる。母親の突然死、ニューヨークテロ惨事のニアミス体験から限りある命の尊さを実感し「今を大切に生きよう」と決心。一時は投げやりになり灰色の毎日であった時期もあるが、生来の好奇心旺盛な性格と言葉の力で本来の自分らしさを取り戻す。10 歳の頃から 30 年間、毎日欠かさず日記を書き続けた実績を持つ。文章を書くのは得意でも人前で話す事は苦手でコンプレックスを持っていた。しかし克服すべく MC の学校で学び言葉の選び方、伝え方、タイムマネジメント、ハプニング処理能力を学ぶ。司会をする中でマナーの質問に自信を持って答えられない事が嫌でマナーを本格的に学び、登録講師として様々な現場を体験する。
  • あなたの魂を幸せへ導くメッセージ ~誰もが引き寄せの力を持っている~(GalaxyBooks)

    1巻完結!

    あなたの魂を幸せへ導くメッセージ ~誰もが引き寄せの力を持っている~(GalaxyBooks) 

    幼い頃、複雑な家庭環境で育ち波瀾万丈の幼少期を過ごす。結婚し、一人の男児に恵まれるが、旦那様と長い別居生活後、離婚。市内へ戻り、導かれるように占い教室へ。占いを通して生き方を見つけ、数々のミラクルを興し始める。

    著者プロフィール
    1970 年福岡県出身。中村学園大学短期大学卒業後、金融関係の仕事に就職。結婚後は多種多様な仕事をこなしながら、ラピタ東洋易学研究所へ通う。現在は出張鑑定、天神カルチャーサロン十字屋にて「四柱推命塾」開講、NHK 文化センターにて「初めてのタロット講座」開講。その他、自宅サロンにて占い師養成や、自らイベントを企画し、年に一度「占い&癒しイベント 大人の文化祭」を開催。
  • まくらばな

    1巻まで公開中!

    まくらばな 

    落語家・柳亭小痴楽の書き下ろし初単著は、幼少期から現在に至るまでを綴ったエッセイ集。

    「枕花(まくらばな)」 とは、仏事用語で葬儀までの間に故人の枕元に飾る生け花のこと。
    亡き父・ 柳亭痴楽との思い出、人生観に影響を及ぼした作品との出会い、お世話になった桂歌丸の回想録、飼い犬との十六年を描いた短編など、一冊を通じて自身の半生を振り返る。

    「マクラ(落語の前の小噺)を頑張るようになったのは二ツ目になってから」と語る著者が、真打昇進を機に書き綴った二十一篇。母、兄との座談会の様子も収録。

    著者について
    1988年東京都生まれ。
    2005年10月 二代目桂平治(現:桂文治)へ入門「桂ち太郎」で初高座。
    2008年6月 父・柳亭痴楽の門下に移り「柳亭ち太郎」と改める。
    2009年9月 痴楽没後、柳亭楽輔門下へ。
    同年11月 二ツ目昇進を期に「三代目柳亭小痴楽」となる。
    2013年、落語芸術協会所属の二ツ目で構成されるユニット「成金」を
    昔昔亭A太郎、瀧川鯉八、桂伸三、三遊亭小笑、春風亭昇々、笑福亭羽光、
    桂宮治、神田松之丞、春風亭柳若、春風亭昇也と共に結成。
    2019年9月下席より真打に昇進。
    切れ味のある古典落語を中心に落語ブームを牽引する実力派。
  • 今日も夫婦やってます

    1巻まで公開中!

    今日も夫婦やってます 

    作家:南Q太

    ジャンル:小説・実用書 / エッセイ・随筆 / 小説 / 文芸

    (2.5/5.0)投稿数2件
    彼には娘が1人いた。私には娘と息子が1人ずついた。まだみんな小さくて、すぐに仲良くなったので、一緒に暮らすことにした(2年半後に同じ籍に入り、4人目の子どもが、その1年後に5人目の子どもが生まれた。)同居して5年になる。私の最高記録だ。記録は更新中。年季の入った夫婦になれるだろうか。なれるといいなあ。
  • 変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

    1巻まで公開中!

    変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる 

    「変化できる人」とは、思考が柔軟で自分に自信があり、物事の決断や取り組みが速い人です。AIやブロックチェーンで仕事も価値観も激変する時代においても、必ず生き残れます。これは年齢や性別は関係ありません。あくまでもその人が変化したいと思い、チャレンジできるかによります。

    一方、「変化しない人」はこれまでのやり方に固執し、新しい挑戦を拒みます。幸いにして今までの時代では生きていけましたが、これから先は難しいでしょう。

    そして「変化できる人」になるのは、実は難しいことではありません。変われない、自信が無いと思い込んでいるとしたら、それは単なるクセです。

    本書は、そんな残念なリミッターをはずして、あなたが変わるための極めて具体的な一冊です。飛び越えるべきハードルはとても低いです。ぜひ軽い気持ちで実践して、変化し、成長していくご自身を楽しんでください。
  • 西宮球場 解体の現場で野辺の送りを

    1巻まで公開中!

    西宮球場 解体の現場で野辺の送りを 

    かつて阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場。球場を聖地と崇め巡礼をする著者と、阪急ブレーブス元チーフトレーナーの松元隆司氏が、西宮球場解体の現場を歩く。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が送る渾身の野球エッセイ。
  • 藤井寺球場 近鉄バファローズが消えた日に

    1巻まで公開中!

    藤井寺球場 近鉄バファローズが消えた日に 

    かつて近鉄バファローズの本拠地であった藤井寺球場。2004年、球界再編の波にのまれた消滅が決定したバファローズとともに閉鎖が決定。藤井寺球場プロ公式最終戦は、ウェスタンリーグ優勝決定戦。その日球場に足を運んだ著者がはじめて書き下ろす藤井寺球場の最終戦秘話。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が贈る渾身の野球エッセイ。
  • 本物の男はリハーサルをしない ~誰も笑ってはならぬ(演奏中は)~ プロ・オーケストラの秘められた世界

    1巻まで公開中!

    本物の男はリハーサルをしない ~誰も笑ってはならぬ(演奏中は)~ プロ・オーケストラの秘められた世界 

    作家:ジャスティン・ロック

    雑誌・レーベル:BUYMA Books

    ジャンル:小説・実用書 / エッセイ・随筆 / 音楽 / 小説 / 専門書 / 文芸 / 芸術

    (5.0/5.0)投稿数1件
    世界初!? オーケストラ業界の裏側を丸裸に!!

    米Amazonでの平均評価4.7という、全米が大絶賛のエッセイが上陸!!

    「クラシック奏者は堅物ばかり。」
    「普通の人とは住む世界が違う。」
    そんな固定観念はこの一冊で吹き飛びます。

    楽器を回すパフォーマンスが原因でけんかしたり、昼食の食費支給でもめたり……。
    人間味溢れるクラシック界の真実をご覧あれ。

    【目次】

    ボストン・ポップスにて
    アーサー
    クライム・エブリ・マウンテン
    ベートーヴェンの洗礼
    独立記念日
    コントラバス奏者の仕事
    序列
    目隠し飛行
    昼食とはなにか
    引退が二人を分かつまで
    汚れ仕事をする人も必要
    音楽用語集
    ヒッチハイク
    一と、二と、
    いつも二人で
    エスプラネード
    最も親密なファン
    練習すればうまくなるとはいうものの
    大砲の一撃
    偉人の誕生
    パート譜はパート譜
    曲の名は
    芸術ゆえの苦痛
    指板という黒い海
    ふたたびツアーについて
    あるフルート奏者
    ボストン・ポップスに入って世界を見て回ろう
    感情にご用心
    ピットからの眺め
    オペラ座の長い夜
    囚われの聴衆
    子ども対音楽家
    スコア・リーダー
    アポテオーズ
    ボーナス・チャプター#1:コントラバスに関する愚鈍性
    ボーナス・チャプター#2:許可という貧困
  • パリジェンヌにはなったけれど…

    1巻まで公開中!

    パリジェンヌにはなったけれど… 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ひょんなことからパリに移り住んで、気がつけば11年。
    現在パリ系の本では抜群の人気を持つとのまりこさんが、初めてフランス人の生態とその不思議で面白い生活ぶりをまとめたエッセイです。
    素敵なイラストと写真もついて、読みやすさも抜群。
    不便で不親切でテキトーなのに、なぜか離れられないパリの魅力がたっぷり詰まっています。
  • er-ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ

    1巻まで公開中!

    er-ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 

    作家:マルコ

    雑誌・レーベル:eロマンス新書

    ジャンル:小説・実用書 / エッセイ・随筆 / 小説 / 文芸

    投稿数0件
    「今のように誰もがネットを使う時代ではなかったころ、ネットの中はそれはそれは個性的な個人サイトであふれかえっていたのでした――。」 ニコ生主もこなす大人気レビューサイト「カフェオレ・ライター」の管理人:マルコ氏が、ネット歴12年を振り返りながら綴る、懐かしくてちょっぴり笑えるブログヒストリーエッセイがついに電子書籍化! 日本のインターネットの歴史が花開いてから10年以上。ネットとともに歩んだ青春時代から、個人サイト開設、BLにはじめて出会ったいきさつプラスなぜレビューまですることになったのか……など、ブロガーからライターへ転身を遂げた自らのネット&ブログ半生を当時の思い出とともにおもしろおかしく振り返ります!
  • てんてんこまちが瞬かん速

    1巻まで公開中!

    てんてんこまちが瞬かん速 

    作家:鴨田潤

    ジャンル:小説・実用書 / 文芸一般 / エッセイ・随筆 / 小説 / 一般小説 / 文芸

    投稿数0件
    イルリメこと鴨田潤、初の書籍!待望の書き下ろし小説は、スケボー、バンド、サイキック…!?ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーとしてのみならず、近年は本名の鴨田潤名義で弾き語りによる作品もリリース。その独特の筆致が各方面から高い評価を得ているイルリメ=鴨田潤、自身初の単行本。過去に発表した短編やコラムもあわせて収録。