読み放題TOP 文芸

文芸

」のタイトル一覧 9件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • 人の前に出る仕事の人へ。

    1巻まで公開中!

    人の前に出る仕事の人へ。 

    人気劇団《演劇集団キャラメルボックス》の製作総指揮・加藤昌史氏は、開演前にお客さんに向けて観劇マナーを楽しく易しく伝える「前説」を、30年間・4000ステージにも渡って積み重ねてきた、正真正銘の“コミュニケーションのプロフェッショナル”だ。
    本書『人の前に出る仕事の人へ。』は、そんな加藤氏が、2015年1月から始めた同名タイトルのツィッター連載をベースとしたものである。連載は140文字という短いセンテンスで毎回綴られ、テーマは、コミュニケーション、人付き合い、そして自分との関わり方などが主である。
    加藤氏の連載は、回を追うごとにコミュニケーション、人付き合いに悩む幅広い層から多くの共感を呼び、多くの話題を集め、連載は今も継続中、本数はすでに300本を超えている。

    加藤氏が綴るメッセージは、やさしく、前向きで、ユーモラスではあるが、しかし時に厳しくもある。「たくさんの人と出会い、ふれあうなかで、たくさんの人を傷つけ、傷つけられ、たくさんの反省を繰り返し、今日まで何とか生きてきた」と語る加藤氏だからこそ、伝えることができる“人に思いを届け、人と気持ちを通わせる”ためのヒントが、本書にはぎゅっと詰めこまれている。
    「言いたいことを、うまく伝えることができない」「人に対して、うまく心を開けない」「苦手な人のキライな点ばかりが目に付いてしまう」。
    コミュニケーションや人付き合いに思い悩み、不安に包まれている人々は、日々増えている。
    そんな人々にぜひとも届けたい一冊である。加藤氏のメッセージが、やさしくじんわりと心に届くはずだ。
  • 柴犬ゆうと猫のとろ

    1巻まで公開中!

    柴犬ゆうと猫のとろ  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    柴犬ゆうと猫のとろが繰り広げる、愉快でかわいい毎日がこの一冊に!

    インスタフォロワー20万人超!
    犬猫ファンならずとも目が離せなくなる、“柴犬ゆうと猫のとろ”が繰り広げる
    毎日のエピソードを、オリジナル写真も盛り込んで1冊にまとめました。
    かわいくて思わずニヤっとしてしまう彼らの表情や行動に癒されること間違いなし!
    兄弟のような2匹から目が離せません!
  • ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?

    1巻まで公開中!

    ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    福岡弁と英語のバイリンガルで綴るブログ「アンちゃんから見るニッポン」で話題の言語学の先生、アン・クレシーニ=通称「アンちゃん」による和製英語本の決定版!

    英語だと思って使っているけれど実は英語圏では通じない「和製英語」。ペットボトル、フライドポテト、スリーサイズ、ペーパードライバー……。日常生活にあふれるこれらの言葉を200の実例と多角的な切り口で徹底解説。アタマから読んでも、気になる単語からチェックしても、テキトーに開いたところからながめても、英語が苦手なアナタでもOK! 驚きながら笑いながらいつのまにか愉しく知識が増えていく!

    ある日、和製英語は英語じゃないことに気付いた。和製英語は日本語なのだ。そう思ったら、和製英語のおもしろさが見えてきた。こんな素敵な言葉を考えた日本人は天才やん!
    (「はじめに」より)
  • こどもの好奇心が育つ! おでかけガイド 首都圏版

    1巻まで公開中!

    こどもの好奇心が育つ! おでかけガイド 首都圏版  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    こどもの“学び”を深める体験スポットが満載の
    『こどもの好奇心が育つ! おでかけガイド 首都圏版』が発売!

    恐竜、宇宙、魚、動物、科学、乗り物、歴史、昆虫など、
    こどもの“好きなこと”にフォーカスし、
    好奇心がメキメキ育つおすすめスポットをテーマ別にご紹介!
    ミュージアムで見るべきポイントや、事前に知っておきたいこと、
    調べた内容のまとめ方など、そのジャンルのガイドも要チェック。

    小学生の自由研究のサポートはもちろん、未就学児でも遊びながら学べるような、
    好奇心をくすぐる体験型のスポットを大特集しているので、
    兄弟姉妹もいっしょに、週末のおでかけでも使えます!

    また、巻末には、身近なお仕事を体験できる社会科見学スポットも掲載。
    人気の工場見学や企業ミュージアムなど、こどもの世界を広げるきっかけに、
    ぜひご活用ください♪

    -CONTENTS-
    ・巻頭インタビュー パックンに聞く「こどもの好奇心の育て方」
    ・特集01 めざすは“恐竜ハカセ”!?
    ・特集02 夢は大きく! 宇宙飛行士!
    ・特集03 海と魚の世界を学ぼう!
    ・特集04 憧れの“動物学者”になろう!
    ・特集05 将来は人気クリエイター!?
    ・特集06 いつだって“乗り物”に夢中
    ・特集07 “歴史マニア”も大満足!
    ・特集08 科学のフシギを探究しよう!
    ・特集09 昆虫・植物・自然が大好き!
    ・特集10 アタマを使う運動に挑戦!
    ・【カタログ】身近なお仕事を体験! 社会科見学に出かけよう
  • 変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

    1巻まで公開中!

    変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    「変化できる人」とは、思考が柔軟で自分に自信があり、物事の決断や取り組みが速い人です。AIやブロックチェーンで仕事も価値観も激変する時代においても、必ず生き残れます。これは年齢や性別は関係ありません。あくまでもその人が変化したいと思い、チャレンジできるかによります。

    一方、「変化しない人」はこれまでのやり方に固執し、新しい挑戦を拒みます。幸いにして今までの時代では生きていけましたが、これから先は難しいでしょう。

    そして「変化できる人」になるのは、実は難しいことではありません。変われない、自信が無いと思い込んでいるとしたら、それは単なるクセです。

    本書は、そんな残念なリミッターをはずして、あなたが変わるための極めて具体的な一冊です。飛び越えるべきハードルはとても低いです。ぜひ軽い気持ちで実践して、変化し、成長していくご自身を楽しんでください。
  • 13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤

    1巻まで公開中!

    13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤 

    「情報革命」という、世界の価値基準を大きく変える、人類史上、稀にみる革命が起ころうとしています。

    今までの社会で通用していた既存の慣習、ライフスタイル、教育、会社、政治、経済といった様々なものがことごとく変化してきているのです。このような今まで私たちが信じて疑わなかった様々な構造=フレームが変わってしまったら、一体どうなってしまうのか?

    はたして私たちの未来はどう変わるのか、どう生きるべきなのかを13の項目に分けて記しました。詳しくは下記「目次」をご覧ください。

    この羅針盤があれば、あなたの未来はきっと明るいはずです。


    <目次>
    はじめに
    “なんだかよくわからない”を解き明かそう!

    1モノ→情報
    社会の価値基準が、モノから情報へ替わる

    2肩書→タレント
    肩書より自分の才能がウリになる

    3上司・部下→師匠・弟子
    上司と部下の関係は、師匠と弟子の関係になればいい
    4組織→バンド
    会社の組織はバンドになる
    5イデオロギー→ユーモア
    人を束ねるものは、イデオロギーからユーモアになる
    6分析→情緒
    分析の時代から、情緒の時代へ
    7思考→身体
    頭で考えるより、身体で感じることが価値を生む。
    8広告→告広
    ウソばかりの「広告」は、いいものだけが広がる「告広」に変わる
    9知識→知性
    知識の量を誇る時代から、情報の真偽を見極める知性の時代へ。
    10お金→信用
    お金よりも信用が重視されるようになる。
    11消費→体験
    モノを使い捨てる時代から、コトを体験する時代へ
    12デジタル→アナログ
    デジタル化が進むほどアナログに価値が生まれる
    13フレーム→ヴォルテックス
    「フレーム」から「ヴォルテックス」へ
    おわりに
  • 西宮球場 解体の現場で野辺の送りを

    1巻まで公開中!

    西宮球場 解体の現場で野辺の送りを 

    かつて阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場。球場を聖地と崇め巡礼をする著者と、阪急ブレーブス元チーフトレーナーの松元隆司氏が、西宮球場解体の現場を歩く。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が送る渾身の野球エッセイ。
  • 藤井寺球場 近鉄バファローズが消えた日に

    1巻まで公開中!

    藤井寺球場 近鉄バファローズが消えた日に 

    かつて近鉄バファローズの本拠地であった藤井寺球場。2004年、球界再編の波にのまれた消滅が決定したバファローズとともに閉鎖が決定。藤井寺球場プロ公式最終戦は、ウェスタンリーグ優勝決定戦。その日球場に足を運んだ著者がはじめて書き下ろす藤井寺球場の最終戦秘話。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が贈る渾身の野球エッセイ。
  • er-ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ

    1巻まで公開中!

    er-ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 

    作家:マルコ

    雑誌・レーベル:eロマンス新書

    ジャンル:小説・実用書 / エッセイ・随筆 / 小説 / 文芸

    投稿数0件
    「今のように誰もがネットを使う時代ではなかったころ、ネットの中はそれはそれは個性的な個人サイトであふれかえっていたのでした――。」 ニコ生主もこなす大人気レビューサイト「カフェオレ・ライター」の管理人:マルコ氏が、ネット歴12年を振り返りながら綴る、懐かしくてちょっぴり笑えるブログヒストリーエッセイがついに電子書籍化! 日本のインターネットの歴史が花開いてから10年以上。ネットとともに歩んだ青春時代から、個人サイト開設、BLにはじめて出会ったいきさつプラスなぜレビューまですることになったのか……など、ブロガーからライターへ転身を遂げた自らのネット&ブログ半生を当時の思い出とともにおもしろおかしく振り返ります!
読み放題フルを登録