読み放題TOP ヤンキーアウトロー

ヤンキーアウトロー

」のタイトル一覧 6件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • マリオネット師

    2巻まで公開中!

    マリオネット師 

    九頭見灯(くずみともし)は、家庭を顧みない両親、退屈な学校生活に嫌気が差し、スリに身を落としている。
    ある日、灯は悪名高い政治家からスリを働く。彼の師匠・政二郎は危険を感じ、灯のスった財布を戻そうとするが、財布と一緒にスった手帳が原因でその政治家の秘書に殺害されてしまう。
    灯は参考人として警察に呼ばれるが、河鹿川署の諸戸刑事は彼の境遇を知り、人形劇団「泡雲」に彼を紹介する。
    以来、灯はマリオネットを相棒としたスリとなる。

    マリオネットをつれた天才スリ師『九頭竜(くずりゅう)』が財布の中からドラマを盗む!
    「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第1巻!

    小山田いく先生の当時の単行本コメント
    『10年ほど前、当時の国電の車内で、一度財布をすられたことがあります。
    幸い被害は二千円ですみましたが、いつすられたのか全くわからなかったのには、感心しました。
    そしてそれからです。
    東京に行く時は、胸ポケットにはダミーの財布を入れるようになったのは。
    中にはスリが頭ふっとぶほどの悪口を書いた紙が入っているのですが…以来一度もすられないのです。おもしろくないな…。』
  • はーい ステップジュン【デジタルリマスター版】

    2巻完結!

    はーい ステップジュン【デジタルリマスター版】 

    テレビアニメ化された名作がデジタルリマスター版で登場!

    身長140センチ、体重35キロ。チビでちょっぴりドジだけど、機械いじりが大好きな14歳の女の子・野々宮ジュンは、身長182センチ、体重65キロ。背が高くてスポーツマン、ケンカとバイクが大好きの加納零(ゼロ)に恋してしまう……。正反対のふたりの恋愛成就の可能性は、ほとんどゼロ!?  さらに容姿端麗なライバル・洋子がジュンの前に現われて彼女の未来は先行き不透明に。でも彼女は、自ら汗まみれで作りあげたロボット、吉之介と雪之嬢に助けられて弱気になりそうなハートを力づけ、波乱万丈の毎日のなかを切り抜けてゆく。
    ゼロとジュンのフツーじゃない凸凹コンビが繰り広げるさわやかコメディー。
  • 愚零斗鏖

    2巻完結!

    愚零斗鏖 

    作家:やまだ浩一

    雑誌・レーベル:まんがフリーク

    ジャンル:学園 / 少年マンガ / ヤンキーアウトロー

    投稿数0件
    気が弱く冴えない少年・忍はことあるごとに不良にタカられていた。そんな忍が偶然拾ったライターから、ヤンキー魔人の愚零斗鏖(グレートみなごろし)が現れる!
  • BAD BOY MEMORY

    10巻完結!

    BAD BOY MEMORY 

    作家:岡村茂

    雑誌・レーベル:まんがフリーク

    ジャンル:少年マンガ / ヤンキーアウトロー

    投稿数0件
    龍波商業高等学校の生徒達が繰り広げる、風祭猟を中心とした高校生同士の乱闘物語
  • 夕やけ番長

    15巻完結!

    夕やけ番長 

    「夕やけ番長」はケンカ早くてまるでケンカを芸術のように仕上げ、ふと夕やけをみると自分がやってしまったおろかさに涙ぐみ、しんみりと反省してしまう。だが、番長こと赤城の言葉や、表現力は悪い!しかし実は、赤城は弱者の味方。正義感が人一倍強い男、その上、テレ屋なのでテレかくしに悪ぶってしまうところがあるのです。

    「私はすばらしい作品に出会えて幸せだったと思います。」─荘司としお
    「夕やけ番長」は1960年後半に書かれた。赤城は物語の終わりが近づくにつれ、「ケンカを気持ちよくやれなくなった東京、若どしよりみたいに堕落しはてた少年たちの東京」と、まるで今日の陰湿な「いじめ」の時代を、予感していたかのような言葉を吐いている。─横尾忠則
  • おとこ道

    4巻完結!

    おとこ道 

    あの熱い感動がいま再び。梶原版「次郎物語」の復刻だ。もっとも梶原一騎らしい作品のひとつとして、知る人ぞ知る名作だ。必見。「おとこ道」は梶原一騎が純文学に挑んだ漫画である。「男の生きる道という劇画作家としての私にとって唯一無二のテーマを、なるべくオーバー・アクションを排し、地道に追究してみたつもりだ。」
    「『おとこ道』は“巨人の星”や“あしたのジョー”ほどにはマスコミ的には有名にならなかったが、もっとも梶原一騎らしい作品の一つである」そんな風に評してくれる編集者や友人知己が、かなり多い。 ──梶原一騎
読み放題ライトを登録