読み放題TOP 女性マンガ ラブ・ペイン・コミックス

ラブ・ペイン・コミックス

」のタイトル一覧 7件
並び替え
  • ロマンスに姫は不在~小悪魔育成中~

    12巻まで公開中!

    ロマンスに姫は不在~小悪魔育成中~  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    栄居陽菜子26歳、OL。私の日常はとても平凡。毎日普通にお仕事して、普通に同僚の残業を代わって…。会社ではモサ子って呼ばれています。モサイからです。そう、私は喪女(交際経験も告白された事もなく純潔である女性の事)なのです。ブスの自覚はあるので慎ましく生きていたつもりでした。でもうっかり優しくしてくれた同僚男性にお弁当なんて作ってしまったばっかりに…ブスだからってここまで悲しい目に合うとは…。我慢できず会社の廊下で泣いてしまった私に、通りすがりのイケメンが「努力しなきゃブスがブスのままなのは当然だろーが」ひ、酷い…。でもその言葉とイケメンによって、私の人生は思いがけない方向に舵を切ったのです…!
  • セフレ倶楽部~普通のセックスじゃ愛を感じられない僕ら~

    10巻まで公開中!

    セフレ倶楽部~普通のセックスじゃ愛を感じられない僕ら~ 

    加賀悠宇、大学生、童貞。女を知り童貞を卒業して人生を変える為、今日ここ(風俗街)に来た。が、しかし。ビビって入れない…。その様子を向かいのビルの窓から見ている人影が…。その手に持つスマホには謎のグループ『sfr9▽』の表示…。そして…。別の場所、朝の通勤電車。中山トモコ、OL、処女ではない。彼女もまた、誰にも言えない悩みを抱えていた。学生の頃のように、チカンされたい、触られたい…。この一見なんの接点もない二人の男女を、謎のイケメン集団『sfr9▽』のメンバー達が引き合わせる。その男達は女の敵か味方か、加賀悠宇は童貞を捨てることができるのか、中山トモコは願望を果たすことができるのか?
  • 名前も呼ばないあのひとと

    5巻まで公開中!

    名前も呼ばないあのひとと  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    作家:山本巳未

    雑誌・レーベル:ラブ・ペイン・コミックス

    ジャンル:女性マンガ / ラブストーリー / ラブコメ / お色気

    (4.0/5.0)投稿数21件
    今、私の目の前で、友達2人がセックスしている。なんで私、こんなに動揺しているんだろう…。あれは5年前、大学時代の親友の結婚式でのこと。私は沢山いる彼女の友人達の中から自分が選ばれて招待されたことが嬉しかった。自分は特別なんだと…。でも、彼女の思惑は別にあり…それは私が通された円卓のメンバーによって明らかとなる。初対面同士4人のその円卓は、私以外皆、新郎新婦の元カレ・元カノ(&セフレ)だった。そして私は、彼女からは自分の男を誘惑する疎ましい存在だと思われていたというオチ。しかしそれが縁で以来5年間、その円卓のメンバーとは友情を育んできた。最早この4人で何かあるとは思ってもいなかったのだけど…。
  • 葡萄とさくらんぼ~熟成32年、初めてでもいいですか?~

    8巻まで公開中!

    葡萄とさくらんぼ~熟成32年、初めてでもいいですか?~  /common/20150209/titletop_cover_new.png

    作家:奥めぐ美

    雑誌・レーベル:ラブ・ペイン・コミックス

    ジャンル:女性マンガ / ラブストーリー / ラブコメ / 俺様・S彼

    (3.6/5.0)投稿数22件
    私、佐倉さくら子32歳。ワインショップで働きながらソムリエ資格の勉強中です。私の日課は高齢処女・童貞コミュニティサイトのコメントを読む事です。何故かと言うと、言うまでもありませんが、『処女』だからです。今までそういう機会がなかった訳ではありませんが、最後の最後でビビってしまい心も股も開けずじまいで32歳になりました。だけどいつかこの人にならって思える相手に、きっと出会えると信じてます…。そんな私の前に突如現れたワインインポーターの櫻庭光琉さん。超イケメン!で…出会えた?…と、思ったのも束の間、性格ワルッ!いくらイケメンでもこ、これは…。だけど何故だか、この人の事が心に刺さって抜けないのです!!
  • 意地悪な彼のお世話します!

    2巻完結!

    意地悪な彼のお世話します! 

    作家:宮越和草

    雑誌・レーベル:ラブ・ペイン・コミックス

    ジャンル:女性マンガ / ラブストーリー / 幼なじみ・同級生

    (3.6/5.0)投稿数25件
    私の初恋は高校生の時と少し遅く、想いも告げずにひっそりと終わった。あれから6年、私は近くの避暑地で姉夫婦が経営するペンションの手伝いをしている。かつての同級生達がどんどん結婚していく中、私だけが昔と何も変わらない。そんな時、初恋の神崎君が東京から地元に帰って来ていると聞いた。よみがえる甘く…少しほろ苦い思い出。…あの頃神崎君には彼女がいた。今も2人、付き合ってるのかなぁ…。そんな事を考えながら過ごしていたある日、裏手の別荘地で神崎君と偶然の再会!成り行きで彼の家政婦をする事になり、何だか高校時代に戻ったみたい。でも、ふいに唇を奪われて…。からかってるならやめて…!神崎君、彼女…いるでしょ?
  • 大野リリコは笑わない

    2巻まで公開中!

    大野リリコは笑わない 

    会社の親睦会ほど無駄なものはない。人が集まるなら会議室で充分なのに、なにここチェーン店のお座敷個室とか。だいたい何で座敷?女子は普通嫌がるでしょ人前で靴脱ぐの…って、ここまで全部声に出てた。大野リリコ22歳会社員。癖はいらないことまで言ってしまうこと。自覚はある。生きづらい。こんな私なのに同期の山田は何かと気に掛けてくれる…が、それもまためんどくさい。そして会社の人間関係が微妙なら彼氏との関係も微妙。何故なら…一年前の浮気事件が私の中でまだ尾を引いている。そんな折再会した高校時代の先輩。彼女は今、芸能事務所でタレントのマネージャーをやっているという。彼氏同伴でタレントとの飲み会に誘われたが…。
  • きみみたいなおんなのこ

    1巻まで公開中!

    きみみたいなおんなのこ 

    さびれた商店街の時が止まったような写真館に飾られている私の家族。私の家は今どき珍しく毎年写真館で家族写真を撮る。撮られる度に写真館のショーウィンドウに飾られて恥ずかしい。でも私は黙って笑顔で写真に撮られる。私はお姉ちゃんとは違うから。癇癪持ちの父と病気がちの母を置いて、お姉ちゃんは家を出るという。お姉ちゃんはいつもそう。家族写真を撮る時も笑わない。お姉ちゃんは私に言う。「よく笑えるね」――私だって笑いたくて笑ってるんじゃないよ。そんなお姉ちゃんの引っ越し直前、父から母の病状を聞いた。でもお姉ちゃんは予定通りに家を出て行くという。どうして?お姉ちゃん。どうしてこんな時まで貴女はそうなの?
読み放題ライトを登録