読み放題TOP 極道・刑事

極道・刑事

」のタイトル一覧 122件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • ただし恋はキライのあとで(フルカラー)

    41巻まで公開中!

    ただし恋はキライのあとで(フルカラー) 

    刑事の真鍋光は事件の被害者も虜にしてしまうほどの美貌の持ち主!事件に熱くなりすぎるところもあるけれど真面目で正義感の強い警官だ。ある夜、真鍋の所属する警察署に被疑者として連れてこられた謎のイケメンサングラス男…。この夜、2人はサイアクな出会いをしてしまう――!【恋するソワレ】
  • 覇王・愛人

    9巻完結!

    覇王・愛人 

    作家:新條まゆ

    雑誌・レーベル:Sho-Comi

    ジャンル:ラブストーリー / 極道・刑事 / 少女マンガ

    (4.1/5.0)投稿数487件
    バイトの帰り、謎の男に突然キスされた来実。男の傷を放っておけず手当てをした来実は、男に淡い恋心を抱く。
    しかし、黒龍と名乗る男は去ってしまった。再会は黒龍の自家用飛行機の中。来実は香港に拉致されて…!?
  • 男樹 村田京一〈四代目〉

    5巻完結!

    男樹 村田京一〈四代目〉 

    作家:本宮ひろ志

    雑誌・レーベル:本宮ひろ志collection

    ジャンル:バトル・アクション / 青年マンガ / 極道・刑事

    (4.0/5.0)投稿数1件
    伝説のヤクザ・村田京太郎の死から20年。 祖母・母と共に、父の墓へと訪れた村田京一。そこにやって来た男は、かつて父と争い、その命を奪った張本人だった。父の敵を前に、村田の血を受け継ぐ男はどう動くのか・・・。激しく、熱い村田の家系。その「四代目」が父の遺志を受け継ぎ、今ここに奮い立つ!
  • 包丁無宿

    45巻完結!

    包丁無宿 

    作家:たがわ靖之

    雑誌・レーベル:漫画ゴラク

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事 / 料理・グルメ

    (4.0/5.0)投稿数1件
    料理劇画の先駆的傑作!暮流助の度胸一番、包丁勝負旅
  • ポリ公

    5巻完結!

    ポリ公 

    作家:立原あゆみ

    雑誌・レーベル:漫画ゴラク

    ジャンル:青年マンガ / ヒューマンドラマ / 極道・刑事

    (4.0/5.0)投稿数3件
    跳ねっ返りの刑事・粟飯原凉二が、厄介者ばかりを集めた、リストラ用の飼い殺しの部署・「ゼロ0課」に配属になって……
  • 男樹

    6巻完結!

    男樹 

    作家:本宮ひろ志

    雑誌・レーベル:本宮ひろ志collection

    ジャンル:バトル・アクション / 青年マンガ / 極道・刑事 / 映画化

    (4.6/5.0)投稿数9件
    暴力団・村田組々長を父に持つ村田京介は、父の血を継ぎヤクザの世界に身を投じる。初代北陸連合の総長として全国制覇に名乗りを上げる京介の前に立ちはだかるのは因縁の伊達組。暴力団同士の抗争の中で、数々の死闘を繰り広げ、倒れ逝く男たちを肥しに育ち続ける「男樹」。

    村田京介が新たな男の生き方を求めて激動波乱の中を突き進む!!燃える男の青春巨編!!

    任侠の世界を通じて誠の男の生き様を描いた本宮ひろ志の人気作品。本当の男の生き方を見たい方におすすめ! 1979年ビッグコミックで連載を開始し、1990年には映像化されたヒット作。
  • 俺の空 刑事編

    6巻完結!

    俺の空 刑事編 

    作家:本宮ひろ志

    雑誌・レーベル:本宮ひろ志collection

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事

    (4.3/5.0)投稿数18件
    本宮ひろ志が警察機構の光と闇を「安田一平」を通じて描く。 既存の権力とそれを打ち破ろうとする一平と京橋署の刑事たちには大きな困難が立ちはだかる!
  • 極道めし

    3巻完結!

    極道めし 

    作家:土山しげる / 大西祥平

    雑誌・レーベル:漫画アクション

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事 / 料理・グルメ / ドラマ化 / 映画化

    (4.2/5.0)投稿数10件
    全国から極道たちが集まる浪花南刑務所…。毎年、クリスマス・イブの夜に密やかに開かれる男たちの闘いがあった。
    刑務所では年に一度の楽しみとして、誰が心待ちにしている“おせち料理”を賭けての“めし”自慢バトル!! 待望のおせち料理は誰の手に
  • 男樹四代目

    4巻完結!

    男樹四代目 

    作家:本宮ひろ志

    雑誌・レーベル:本宮ひろ志collection

    ジャンル:バトル・アクション / 青年マンガ / 極道・刑事

    (4.0/5.0)投稿数2件
    京太郎が帰ってきた!大人気男樹シリーズ完結編!巨匠・本宮ひろ志が任侠の世界を舞台に「誠」の男の生き様を描いた大人気「男樹」シリーズの完結編。村田の親子三代に継がれたヤクザの血が行き着く結末とは!?
  • 超武闘軍団・豪友会会長 四代目山口組若頭 中山勝正

    3巻完結!

    超武闘軍団・豪友会会長 四代目山口組若頭 中山勝正 

    高知に度胸と腕っ節にかけては誰にも負けぬ侠がいた。その名は中山勝正。地元を仕切る中井組組長、中井啓一にその男っぷりを買われ、中山は中井の盃を受ける。日本の高度成長の波に乗り、中山はシノギで頭角を現す。そしてそのシノギを黙って中井親分に渡す中山には、親子の盃の重さが何かを知っていた。親分・中井の市議選、侠道会・菅谷組の高知進出阻止を経て、中山の名は山口組三代目・田岡一雄の耳に達して面会を許され、やがて自らの組織「豪友会」を立ち上げ、若くして山口組直参に名を連ねる。中山は、当時山口組を悩ませていた菅谷組の菅谷政雄ことボンノの引退にも奔走、対話と力で事態を収拾し、侠を上げる。そして田岡一雄三代目、山本健一若頭が相次いで逝去、四代目継承を巡る「山一抗争」では一貫して竹中正久を盛り立てて奮戦。竹中四代目の誕生と、自らの若頭就任を勝ち取るが……熾烈な生き様を貫いた侠の一代記!
  • 日本極道史~昭和編

    35巻完結!

    日本極道史~昭和編 

    作家:村上和彦

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事

    (3.7/5.0)投稿数6件
    風間英樹の極道としての第一歩は、三の宮の彫師、彫政を訪ねた時から始まった…。時に昭和33年4月、18歳の春、旅に出て1年…。芝居映画に見る「任侠道」には程遠い過酷な現代の任侠の表裏を直視せねばなかった。盃一つに秘められた男たちの侠気を謳う最高傑作。
  • ドン 極道水滸伝

    3巻完結!

    ドン 極道水滸伝 

    作家:本宮ひろ志

    雑誌・レーベル:本宮ひろ志collection

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事

    (4.0/5.0)投稿数1件
    名門松山伊達一家の親分・伊達武吉は、単身赤岩組に乗り込み、その組事務所を壊滅させる。時を同じくして、大阪では島地健三が、因縁をつけられた大阪日水組組員に警察官から奪い取ったピストルで乱射する事件が起きていた。護送車の中で出会った無鉄砲な若者2人は、鳥取・旭日刑務所に運ばれる…
  • 狂犬狩り~デビルズ・ダンディ・ドッグス~

    1巻完結!

    狂犬狩り~デビルズ・ダンディ・ドッグス~ 

    脳天にぶっ放される銃弾!都会のビルの谷間でライフルが火を噴き、伝説の殺し屋のナイフが血肉を切り裂く!!ヤクザ、半グレ、極悪闇金、チャイニーズマフィア、殺し屋…暴力のプロたちの血で血を洗う壮絶な殺し合い!!かつて、ヤクザすら攫う誘拐屋だった夢野が経営する闇金に背負わされた借金を返済するために、ラブホ盗撮映像を裏DVD業者に売る計略を思いついたアツシ率いる悪ガキたち。ところが盗撮現場のラブホの一室で行われたヤクザと半グレの麻薬取引の最中、銃撃戦で双方が全員、死亡。残された麻薬と現金を持ち逃げするアツシたちだったが…。裏社会潜入ルポの第一人者、村田らむ原作、実話ベースの超絶バイオレンスアクション!!
  • ヤバい因習~現代に巣食う闇~

    1巻完結!

    ヤバい因習~現代に巣食う闇~ 

    処女信仰の奇習により監禁される美少女!孤島で隔離された罪人の末裔!牛首を被り村人に食われる因習!呪われた近親相姦の一族…などなど、いにしえから伝わる恐るべき因習の実態とは!? さらに有名オカルト研究家・山口敏太郎が暴き出す都市伝説や芸能界ネタも収録! 現代にぽっかりと口を開けた恐怖の闇に堕ちるのは誰?
  • [完全版]杉作

    4巻まで公開中!

    [完全版]杉作 

    田舎でくすぶっているチンピラ・小杉杉作のイチモツは、朝起きると44マグナムになっていた――。 “伝説”を作ることを夢見ていた彼は、地元のヤクザ・関根ツトムから盗んだポルシェで東京に向かう。 ▼目次 第一弾「股間は男の魂だ!」 第二弾「男はハジけてナンボだぜ」 第三弾「男の中の男を見た」 第四弾「まさか伝説の男…!?」 第五弾「玉男よ、俺の弟分よ!」
  • 司忍 山口組六代目継承<激闘編>弘道会VS警察闘争史II【後編】

    3巻完結!

    司忍 山口組六代目継承<激闘編>弘道会VS警察闘争史II【後編】 

    作家:東史朗 / 田丸ようすけ

    雑誌・レーベル:実録極道抗争シリーズ

    ジャンル:青年マンガ / ヒューマンドラマ / 極道・刑事

    投稿数0件
    三代目田岡組長の時代に全国侵攻を開始し、短い期間で日本全土を制圧した山口組。しかし余りに強大だった三代目の死去は、巨大組織の内紛を噴出させた。山一抗争である。この時期、着実に地歩を固めていたのが、司忍である。当時司忍の親分だった弘田組組長・弘田武志は山本広擁立の側についたが、一和会には参加せず引退。弘田組若頭だった司忍は弘田組を継承し、弘道会を結成した。抗争の嵐が荒れ狂う山口組の中にあって、司忍は弘道会の組織強化を推進する。一和会系組織対策だけではなく、それ以上に警察に対する防備も怠らなかった。暴対法の下での抗争は、自らを危機に陥れることに繋がり、司忍はこれを看破し、時代を先取りしていった。この慧眼が、司忍を六代目山口組組長の座に押し上げた。自分の収監を見据えた組織運営は、組長の社会不在という危機をも乗り越えた。創立百周年を無事迎えさせた侠の、熱いドキュメント!!
  • 司忍 山口組六代目継承<誕生編>弘道会VS警察闘争史【前編】

    3巻完結!

    司忍 山口組六代目継承<誕生編>弘道会VS警察闘争史【前編】 

    作家:東史朗 / 田丸ようすけ

    雑誌・レーベル:実録極道抗争シリーズ

    ジャンル:青年マンガ / ヒューマンドラマ / 極道・刑事

    投稿数0件
    神戸の一港湾業者からスタートし、興行へ進出した山口組。終戦直後には自警団を組織し、爆発する暴力組織を力で捩じ伏せ、現在に至る基盤は形作られた。二代目の不遇の死を経て、長く空位だった組長の座に就いたのが、三代目・田岡一雄だった。田岡組長の指揮の下、山口組はそれまでの基盤を強化するとともに、全国制覇への道を歩み始める。しかしその前に立ちはだかるのは地元組織だけではなかった。警察と立法という強力な権力組織が、最強の暴力組織となった山口組に襲いかかる。昭和30年代を手始めに、何度も繰り返された“頂上作戦”。度重なる権力の圧力で数々のライバル組織が解散してゆくのに対し、三代目田岡組長は頑として譲らず、山口組は最大組織として君臨し続ける。そして六代目・司忍組長の時代になり、権力からの攻撃は更に熾烈を極める。全国を平安した巨大組織を現在の視点から活写した、山口組抗争史の決定版!!
  • 三代目山口組若頭補佐菅谷政雄 ボンノ北陸大戦争

    3巻完結!

    三代目山口組若頭補佐菅谷政雄 ボンノ北陸大戦争 

    菅谷政雄――そのあまりにもの悪さぶりゆえに煩悩から転じた「ボンノ」が通称となった菅谷政雄。昭和50年前後には最大組織である菅谷組を率いる実力者として、また三代目山口組若頭補佐として、その絶頂期を迎えていた。しかし、好事魔多し。松田組との間で勃発した「大阪戦争」を執行部にはからず手打ちに働くなど、自由奔放な菅谷の立ち居振る舞いは組織内で批判の的にさらされ孤立を深める。一方、菅谷組内部では、山口組直参昇格を求める菅谷組内の最大実力者・川内弘(川内組組長)との対立が深刻化していた。川内弘は「北陸の帝王」の異名をとるほどの男で、直参になる資格は十分だった。直参昇格を許さぬ菅谷は、ついに川内を射殺、これがきっかけとなり山口組は菅谷を絶縁処分とする。彼はなぜ、対立していたとはいえ身内である己の舎弟を殺害するに至ったのか?当時の山口組には衝撃をもたらした内粉劇「川内弘射殺事件」の真相と、壮絶なヤクザの意地のぶつかり合いを鮮やかに描く!
  • 理念と信念を貫いた竹中武組長一代記

    3巻完結!

    理念と信念を貫いた竹中武組長一代記 

    作家:土井泰昭 / 春日まんぼう

    雑誌・レーベル:実録極道抗争シリーズ

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事

    投稿数0件
    「ヤクザ原理主義に徹した男」これが竹中武に寄せられるオマージュである。彼ほど、ヤクザの原点、ヤクザの筋を通すことにこだわった男はいない。数多い日本ヤクザの中で、もっともヤクザらしいヤクザ、任侠人の鑑と言えるというのが彼に付きまとう評である。竹中武――言わずと知れた山口組四代目・竹中正久組長の実弟であり、正久組長が山口組四代目になるまで率いていた竹中組を引き継いだ男だ。竹中正久四代目をして、「武はワシ以上にヤクザの素質を持っている」と言わしめた竹中武は、ややもすると武断・粗暴の男と見られがちだが、冷静で頭脳明晰、バランス感覚に秀で人情味あふれた名親分だった。あの「山一抗争」では山口組内でも圧倒的な武勲をあげ、最後まで「仇討しないで終結するのか」と徹底して抗争終結に異を唱えたが、ヤクザの理念を一筋に貫いたその生きざまは、いまもなお心にしみる光芒を放ち人々を魅了してやまない。
  • 矢嶋組VS郷田会

    3巻完結!

    矢嶋組VS郷田会 

    作家:田丸ようすけ / 土井泰昭

    雑誌・レーベル:実録極道抗争シリーズ

    ジャンル:青年マンガ / 極道・刑事

    投稿数0件
    昭和39年、山口組の抗争がTVで実況中継された。しかも白昼に展開された市街戦である。人質を盾に、四国松山市内のビルに篭城する山口組系矢島組と、路上から銃弾を浴びせ続ける地元の強力組織・郷田会。双方がライフル、散弾銃、拳銃を手に、一歩も引かぬ意地を見せる命の応酬。現場に急行した警察の呼びかけも空しく、緊迫した市街戦は3時間以上に及んだ。市街戦の一方の当事者、矢嶋組を率いる矢島長次は、四国・今治市に本拠を置く当時29歳の若き親分。山口組の全国制覇が緒に就いた昭和35年、山口組三代目・田岡組長から盃を受け、24歳にして直参になる。それから4年後、愛媛県最大の都市・松山進出の機会が訪れる。しかしそこに、地元で強力な覇権を握る郷田会が立ち塞がった。