読み放題TOP 日本語

日本語

」のタイトル一覧 5件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • 抱腹絶倒!オカンのあかんメール

    1巻まで公開中!

    抱腹絶倒!オカンのあかんメール 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    かあちゃんから送られてきた、自由奔放のメールを収録! 見直し一切ない、早さだけを求めた結果、「さっきからずっと快感(会館)の入口にいるよ」、「電車降りました。あと5分くらいどつくよ」など、驚きの語彙力を発揮したメールが誕生しました。普段は口うるさいと思っているかあちゃんも、こんなメールが送られてきたら愛するしかできない!? 自然体が繰り出すメールは爆笑必至。決して、外出先では読まないでください。
  • 今日もやらかしてます 母ちゃんからの誤変換メール

    1巻まで公開中!

    今日もやらかしてます 母ちゃんからの誤変換メール 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    誤変換も気にしない! 天然なのか、計算なのか……メールを始めるまで分からなかった母ちゃんの秘めた笑いのセンスに抱腹転倒!! 爆笑ネタはもちろん、不謹慎&下ネタなど、普段は家族に注意していることを、メールでは母ちゃんがやらかしています。予想のつかないからこそツボにハマる、ギョーテンメールの数々をたっぷりとお届けします。
  • 抱腹絶倒!オカンのあかんメール

    1巻まで公開中!

    抱腹絶倒!オカンのあかんメール 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    オカンから送られてきたメールや写メ、置き手紙には、愛情だけではなくユーモアがたっぷり詰まった笑いの宝庫だった!? 誤字脱字は当たり前、文章打ったらそのまま送信。「幼児ができたので、遅くなります」「おみくじ、大吉だったよ。最凶よー」など、笑いのツボを絶妙にくすぐる珍文・謎語が満載です。読めば読むほどクセになる、オカンワールドがたっぷり堪能できる一冊です。
  • 抱腹絶倒!オカンのあかんメール

    1巻まで公開中!

    抱腹絶倒!オカンのあかんメール 

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ツッコミが追いつかないほどの大ボケ連発! 「近所に美味しいレストランで来たから、ぐるぐるアースで調べて」「ミクシーって、ラクトアイス?」といった微笑ましものから、「あんたが中2の時にもらったコンクールの処女(正:賞状)もう捨てた?」「今日も売女(正:バイト)?」など、わが子から絶縁状をたたきつけられてもおかしくない超絶失礼なものまで、かあちゃんからのフリーダム過ぎる232のメッセージをお届けします。特別収録として、人工知能・女子高生りんねちゃんとの爆笑トーク集も掲載!
  • 外国人力士はなぜ日本語がうまいのか

    1巻まで公開中!

    外国人力士はなぜ日本語がうまいのか 

    作家:宮崎里司

    雑誌・レーベル:SMART BOOK

    ジャンル:小説・実用書 / 日本語 / 検定 / 専門書 / 語学 / 資格・検定

    投稿数0件
    見つけて広がる!日本語の素晴らしさ
    目からウロコの「語学マスター法」を大公開。

    武蔵丸、旭天鵬、旭鷲山、朝青龍………日本で活躍する外国人力士を思い浮かべてみると、だれもがやや訥弁(とつべん)ながら、日本語をそつなく使いこなしていることに気づく。
    とりわけ、モンゴル出身の旭天鵬の日本語は、標準語と関西弁を使い分けることができるほどに流暢だ。
    どうして、来日した相撲力士は日本語が堪能になるのか。多角的な取材とインタビューによって、その秘密に迫ったのが本書である。

    【著者】
    早稲田大学 大学院日本語教育研究科教授 宮崎里司