読み放題TOP 世界史

世界史

」のタイトル一覧 7件
並び替え
ジャンルで絞り込む
  • ジョン・F・ケネディ~アメリカンドリームの栄光と悲劇~

    4巻完結!

    ジョン・F・ケネディ~アメリカンドリームの栄光と悲劇~ 

    のちの第三十五代アメリカ大統領、ジョン・F・ケネディが、様々な試練や葛藤を繰り返しながら少年から青年へ成長し、最終的に暗殺されるまでをドキュメンタリータッチで描く壮大なヒューマンストーリー。第二次世界大戦の勃発後、父ジョーゼフに懇願し海上の実戦部隊に配属された若きケネディ。中尉に昇進した彼がレーダー無しの魚雷艇「PT109」に乗り込み暗黒の海原へ旅立った矢先、日本軍の駆逐艦「天霧」と不意の衝突。乗組員全員が海に投げ出されてしまった…!!
  • 三銃士

    6巻完結!

    三銃士 

    作家:南波健二 / 久保田千太郎

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:バトル・アクション / 歴史 / 青年マンガ / 海外作品 / 世界史

    (3.0/5.0)投稿数1件
    フランス国王陛下の銃士隊長トレヴィルの銃士隊に入るべく、田舎からロバでパリへ向かったダルタニヤン。誇り高いダルタニヤンは旅の途中、酒場にいた剣士から挑発され得意の剣を抜くも軽くあしらわれ倒されてしまう。いつか決着をつけてやると決意しつつパリに着き父の旧友のトレヴィルにも出会うが、持ち前の性格から次々と3人もの銃士とそれぞれ決闘の約束をしてしまい――。アレクサンドル・デュマによる名作「三銃士」を、南波健二、久保田千太郎の実力派コンビで堂々コミック化!
  • 前線と銃後

    2巻完結!

    前線と銃後 

    作家:とみ新蔵

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:歴史 / 青年マンガ / 世界史 / 近代(明治以降) / 戦争・軍事・戦記

    投稿数0件
    1930年代。ファシズムが支配したドイツとイタリアは利害の衝突を避けるため1936年10月以来ローマ・ベルリン枢軸を結んでいたが、39年になると日本もまじえて国際共産主義への対策を強化した。そして、ドイツとイタリアはヨーロッパの弱小国を次々と侵略していった。しかしロシアを含むヨーロッパ列強はその拡大を恐れ、政治的包囲網を固め始める。ドイツ・イタリアは日独伊三国同盟を日本に申し入れるが、日本は迷った…。世界大戦に突入する前夜からの国際情勢を俯瞰しつつ、日本の歩んだ道を流麗なタッチで描いた、歴史漫画の良品!
  • 哀国戦争~猪野矢一郎のスペイン~

    6巻完結!

    哀国戦争~猪野矢一郎のスペイン~ 

    作家:小池一夫 / 伊賀和洋

    雑誌・レーベル:マンガの金字塔

    ジャンル:バトル・アクション / 青年マンガ / 世界史

    投稿数0件
    「ビエンベニーダ(ようこそ)この哀しい国へ」二・二六事件に遅参した猪野少尉は、スペイン公使館に保護、自決を制止される…。
  • ロビン=フッドの冒険

    1巻完結!

    ロビン=フッドの冒険 

    作家:久松文雄

    ジャンル:バトル・アクション / 歴史 / 青年マンガ / 世界史

    投稿数0件
    目次
    プロローグ
    第1章 逃亡者
    第2章 タック坊主
    第3章 練磨
    第4章 おたずね者
    第5章 同志
    第6章 恋心
    第7章 わな
    第8章 ろうやぶり
    第9章 脱出
    ミラーマン
  • ジャンヌ・ダルク(フルカラー)

    1巻まで公開中!

    ジャンヌ・ダルク(フルカラー) 

    作家:倉科遼 / 柴秋尾

    雑誌・レーベル:レジェンドコミックシリーズ

    ジャンル:歴史 / 青年マンガ / フルカラー / 世界史

    (4.5/5.0)投稿数2件
    フランス山間の小さな村・ドンレミで生まれ、やがては国家間の争いの先陣を切る旗手にして、フランスの自由の象徴となる悲運の少女・ジャンヌ。国、家族、村、出自――そして異性、さまざまな愛が交差するヒューマン・ストーリー。後にラ・ピュセル(神の使者・永遠の処女)と呼ばれる少女ジャンヌの、燃え尽きるかのような5年間、その一瞬の煌き。『女帝』で大人気の倉科遼と、心情派・柴秋尾の新たなコンビによる新解釈で、時に柔和かつ流麗に、時に陰謀の渦に飲み込まれる悲運の暗黒まで、大胆に描かれるジャンヌ・ダルクの物語!●検索ワード=+ジャンヌダルク+フランス+ヒロイン+革命+皇太子+落胤+悲劇+悲運+処女+火あぶり+謎+歴史+象徴+神+主+独立+ヒューマン+旗印
  • 巌窟王

    6巻完結!

    巌窟王 

    1815年、商船ファラオン号に一等航海士として乗り込んでいたエドモン・ダンテスは、重病のルクレール船長からエルバ島に流されている元皇帝ナポレオンへの小包を託された。ダンテスはエルバ島に渡り、ナポレオンから一通の手紙を預かる。航海を終えたダンテスは、船主モレルから死んだクルレール船長の後任を命じられたが、彼を妬む会計係のダングラールが、メルセデスに横恋慕するフェルナンを唆し、ダンテスがナポレオンと接触した事を当局に密告させる。ダンテスはメルセデスとの婚約披露の夜に逮捕された。検事ビルフォールはナポレオンの手紙の宛先が父のノワルチェだと知って、手紙を焼き捨て、ダンテスを牢獄に閉じ込める。岩窟王の完全劇画化!
読み放題ライトを登録